犬は熱中症になりやすいって本当?~予防方法と応急処置~

じめじめ暑い日が続いていますが、もうすぐ梅雨も明け、いよいよ夏本番ですね!夏休みには海に山に楽しい予定が盛りだくさんでウキウキ!中にはペットと一緒におでかけの計画をたてている方も多いのではないでしょうか?
おでかけが大好きなわんちゃんも油断は禁物です!熱中症対策はされていますか?
最近では熱中症に関する意識が高まり、温度管理や水分摂取など気を付けておられると思いますが、わんちゃんの場合、どんな事に気を付け、どのように対処したらよいのでしょうか?

熱中症(日射病・熱射病)とは

日光に当たることで体温が上がった状態を日射病、環境の温度が高温であったために動物の体温が異常に上がってしまった状態を熱射病といいます。炎天下の下で一日中過ごしたり、閉め切ったお部屋や車の中でのお留守番はもちろん危険ですが、日中の散歩など、短い時間でも熱中症は起こります。人間よりも低い位置を歩いているわんちゃん達は地面の放射熱をうけやすく、真夏のコンクリートは50℃以上になることもあるため、熱中症の危険があるだけでなく足の裏をやけどをしてしまいます。夏場は日中の散歩は避け、早朝や夜など涼しくなってから連れて行ってあげましょう。

犬は汗をかかないの?

答えはNO!犬も人間同様に汗をかきます。でも、人間のように汗びっしょりになっているわんちゃんを見たことがないですよね。それは、人間と違って汗腺が少ないため、人間のようにたくさん汗をかくことができないからです。そのため、体温調節がとても苦手で、熱中症になりやすいのです。

熱中症になりやすい犬って?

短頭種と呼ばれる、パグやシーズー、ペキニーズなど鼻の短い犬種は、呼吸器の形状が特徴的で呼吸がしづらい構造になっているため、熱がこもりやすくなります。その他にも、毛が密に生えているハスキーやサモエドなど、北の寒い地域が原産国の犬や、体温調節のうまくできない子犬や老犬、太っている犬は熱中症になりやすいので注意しましょう。

熱中症の症状

呼吸の異常、体温上昇、よだれを流す、脱水、下痢、ひどい場合は意識の喪失など命にかかわる場合があり、早急な処置が必要です。犬は人間より1℃高いくらいの体温が平熱で、一般的に37.5℃~39℃が平均体温と言われています。犬の体温は主に直腸で測りますが、難しい場合は日頃から耳を触っておくと、熱が上がった時に耳を触ることで体温が上がっているかどうかがわかります。

 

応急処置の方法

まずは動物を冷房の効いた部屋か風通しの良い涼しい場所へ移動させ、水に濡らしたタオルで体を覆う、もしくはシャワーなどで直接身体に水をかけます。この時氷水や極端に冷たい水は毛細血管が収縮し、かえって熱を放散しなくなるので使わないでください。15~30分毎に体温を測定し、39℃~39.5℃まで下がったら冷やすのをやめます。意識がはっきりとしない時は誤嚥するので無理に水は飲ませないでください。見た目がすっかり元気に戻っても必ず動物病院に連れて行きましょう。熱中症により循環器や臓器にダメージをうけていて、後から症状がでてくることもあります。

このように、人間とは体温も体感温度も違うわんちゃん。人間が暑くないからといってわんちゃん達にとって快適とは必ずしも言えません。思いっきり夏を楽しむために、わんちゃんはもちろん、飼い主様もくれぐれも熱中症にはご注意くださいね☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

Tukushi

Tukushi統一認定動物看護士、愛玩動物飼養管理士2級

投稿者プロフィール

ポメラニアンの女の子と暮らしています。
飼い主様とペットが幸せに暮らすための情報をお伝えしていきます。

この著者の最新の記事

ピックアップ

  1. 2016-7-31

    モフモフがたまらなく可愛い!甘えたなポメラニアン

    わたあめのように、ふわっふわのモフモフのポメラニアンくん。 つぶらな瞳の先には、大好きな飼い主…
  2. 2016-8-3

    しつけ動画 犬の【イタズラ噛み】禁止を練習partⅢ

    ワンちゃんの【イタズラ噛み】をやめさせるためのしつけ動画、partⅢです。 PartⅠ・Ⅱからの流…

ペットサービス

  1. 2016-7-25

    トリマーの職業病「腰痛」「腱鞘炎」あきらめずに仕事を続けるには?

    トリマーという仕事は、「動物と一緒にいられる」「カットが楽しい」などのメリットもたくさんある仕事です…
  2. 2016-7-20

    動物病院で働く動物看護師。どのような勉強をすればいい?

    動物病院で働く動物看護士の仕事は、動物医療の発展、高度化と共に大変注目を集めている仕事です。日本では…
ページ上部へ戻る