犬にまつわる雑学 ちょっとした情報をまとめました。

犬が瞬きしない理由

気が付くと、ジーとみていることないですか?ほとんど瞬きしていないですよね。人間だったら、角膜が乾燥してしまいます。ワンちゃんは、瞬膜という第3の瞼が乾燥を防いているので、瞬きをしなくても大丈夫だそうです。

犬の舌の大きさ

犬の舌の面積、体積が変えられることをしっていましたか?面積を変えて体の熱や水分が出ていくのを調節しているから、すごいですね。暑い日に、舌からポタポタ落ちているのは、体温調節をしているからです。よだれや息をハアーハアーするのも体温調節のためです。

心臓の大きさは変わらない

チワワでもレトリバーでも土佐犬でも、心臓の大きさは変わらないそうです。大型犬に寿命が短いのは、小さい心臓で、全身に酸素や血液を送り出しているから負担が大きいからなのですね。

犬のお腹が大丈夫な理由

犬は唾液の殺菌力や胃酸の消化力が強いので、少しくらいなり腐ったものを食べても、大丈夫だそうです。体が弱っているときは、お腹を壊します。

犬は永遠の3歳児

犬の知能は3歳レベルです。理解度もそれほど変わらない気がします。でも記憶力はすごいみたいです。

犬は演技をする

気を引きたいときに仮病をつかうそうです。うちのビーグルはリードを外してほしいときには、おとなしい演技をします。

犬は飼い主の顔を認識できる

顔や表情、笑顔もわかるそうです。飼い主さんを喜ばそうと健気な時ありますよね。臭いだけでなく、写真でも分かるそうです。

暑くなるとサマーカットにしていませんか?

犬の毛は、断熱材の役目をしているので、短くしてしまうと直接熱が届いてしまい、熱中症をおこしやすくなります。紫外線によるダメージも受けやすくなるそうです。暑くなったからと短くカットするより、涼しい時間に散歩させてあげた方が良いのです。

食事前の「待て」は、早食いのもと

ご飯の前に、「待て」「おあづけ」をしていませんか。これは、待たされていた分、余計に焦って食べてしまうので、させないほうが良いという話があります。何回もやらずに1回程度にして、すぐあげるようにしましょう。

この記事をかきながら、我が家のビーグルがお腹を壊さない理由が、今更ながら分かりました。納得という感じです。ご飯の前は「おて」「おすわり」「おかわり」全部しています(自分から)時々トイプードルがご飯を横取りするので、焦ってたべていますね。トイプードルには怒らないハリー君でした

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

fumidog

fumidog

投稿者プロフィール

現在、ビーグルとトイプードルを飼っています。
看護師として働いている経験も活かし、ペットの健康に関してや豆知識をお伝えしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る