みんな大好きな肉球。でも犬の肉球の役割って知っていますか?

犬や猫の肉球は、形も可愛くて、つい触ってしまいますよね。臭いが好きという人もいます。その肉球がどうなっているのか、働きは、など考えたことありますか?今回は、イヌの肉球について、説明させて頂きます。

犬の肉球にも骨がある

犬の肉球は犬種によっても変わりますけど、ネコに比べると固めです。でも中に骨があるのはご存知でしたか?その骨に沿って、皮膚や靭帯、血管などが造られているのです。そして、爪、指球、掌球、狼爪、手球根と呼ばれる5つの部分に分けられます。

指球と掌球は緩衝、手根球はブレーキの役目

指球と掌球は、歩く、走る、跳ぶなどの動きによる地面からの衝撃を和らげています。そして、足の骨や関節を守っています。手根球は滑り易い場所、坂道でブレーキの働きをしています。

身体の体温調節

犬の肉球は厚くなっていて、熱が伝わりにくくなっています。温度がある程度高くても、肉球によって内部は守られています。逆に冷たい地面を歩くときは、肉球の静脈で一旦、冷えてしまっても、近くの動脈で温められて体温が守られているのです。
肉球にも汗腺があり、汗をかいて体温調整をしています。また、乾燥を防いでいます。

体重を支える役目

犬は人間のように踵をつけて歩かないので、指ですべての体重を支えています。また。外を歩くときに肉球が足を保護する役目もしているのです。外で飼われている犬の肉球は厚くなっています。逆に室内外の犬の肉球は柔らかいです。

狼爪

狼爪は親指の名残と言われています。段々と退化していき、中にはない犬種もいます。必要ないわけではなく、物をしっかりつかんで、食べるためには重要な役目をしています。

肉球の間に水かきの膜をもっている犬

泳ぐのが得意な犬が持っている。犬種でいうとラブラドールレトリバー、ニューファンドランドになります。

肉球マッサージ

肉球をマッサージすると血行もよくなり、リラックスするそうです。ワンちゃんの大好きな香りのアロマでマッサージすると、気持ちよすぎて眠ってしまうこともあります。

犬が肉球をなめているのは?

犬が肉球をなめているのは、お手入れをしているのです。丈夫なので、ケガをすることは少ないですが、しつこく舐めるときは病気やけがの場合もあります。肉球にケガがあって、けいれんを起こしているときは、ケガから地面の細菌が入り、破傷風になっている恐れがあります。すぐに、病院に連れて行ってあげてください。

犬の肉球は、犬種によって色もちがいますよね。我が家のビーグル犬はピンクで、厚めです。トイプードルは真っ黒で柔らかく、マッサージしてあげたら気持ちよさそうに、ウトウトしていました。お宅のワンちゃんの肉球は、どうですか?マッサージしながら観察してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

fumidog

fumidog

投稿者プロフィール

現在、ビーグルとトイプードルを飼っています。
看護師として働いている経験も活かし、ペットの健康に関してや豆知識をお伝えしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る