動物病院で働く動物看護師。どのような勉強をすればいい?

動物病院で働く動物看護士の仕事は、動物医療の発展、高度化と共に大変注目を集めている仕事です。日本では民間資格ですが、海外では国家資格として認められている特殊技能職でもあるほどです。
動物看護士という仕事に就くには、どのような道のりがあるのかをみてゆきましょう。

専門学校へ進学をする

動物看護師資格は全て民間資格です。進学先の専門学校が独自に構築した学習カリキュラムを修了する事で、認定証、資格証という形で取得が可能です。専門学校ごとに就学年数が異なるものの、大抵は2年、長い場合は3年の就学が必要になる学校もあります。

専門学校では、犬猫の基本的な知識はもちろんですが、病理学、薬学などの座学から、実際に犬猫の診察の際に補助が出来るようにという実技、トリミングの基礎知識やしつけについても幅広く学習をしてゆきます。学校によっては、在学中に動物病院での研修をカリキュラムとして組み込んでいる場合もあります。

大抵の動物病院は、獣医師と看護師数名で運営されているので、定期採用はあまり行われていませんが、欠員が出るたびに不定期な求人となります。専門分野の知識を必要とする仕事ですから、専門学校へ求人の相談がある事も多く、就職科を設けている学校が多く見られます。

通信講座で資格を取得する

動物に関する基礎的な知識を習得できる、費用を抑える事が出来る、時間に融通がきくなどの理由から、通信講座で資格を取得する方も多い職種です。実際の仕事の現場ですぐに役立てるように、専門的知識を身に着けておくという面では就職活動にも役立つでしょう。

ただ、実際には犬猫を抱き上げたり、診察がスムーズに進むように助手を務める事が主となる仕事ですから、就職後には積極的に実務を身に着けるように意識して仕事に取組みましょう。

指定校で勉強をする

今後、動物看護師のさらなる技術、知識、地位の向上を目指して、動物病院や獣医師から構成される団体で、動物看護師統一資格の制定が行われています。現状の動物看護師資格はそれぞれの資格ごとに、知識レベル、技能レベルに大きな差が生じている事、今以上の高度な知識、技能が必要とされている事からこのような動きが生まれました。

この動物看護師統一資格を取得するためには、団体の指定した大学、高校、専門学校で所定のカリキュラムを修了し、全国一斉試験に合格する必要がります。試験の難易度は高いのですが、資格取得後はその高い技能と知識を糧により高度な医療の現場で活躍できる事でしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

大谷 幸代

大谷 幸代愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアアドバイザー

投稿者プロフィール

「ペットを飼う」生活から、「ペットと暮らす生活」へ
ペットライフをもっと楽しく、もっと笑ってをお手伝いさせていただきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る