もしもワンチャンが熱中症になってしまったら。対策とNG行動

いよいよ暑くなってきました。ワンちゃんの散歩も朝早くか夕方遅く、夜しかいけなくなってきました。もし、熱中症になって、ぐったりしているときの処置の方法をご紹介します。

ワンちゃんの意識がなかったら

かなり危険な状態です。すぐに鼻と口以外は水につけて体を冷やし、体温を下げてください。近くに動物病院があれば即受診です。一刻を争う状態です。大型犬はお風呂に水を入れて、身体全体を冷やしてください。意識がないので、身体を支えてください。

ワンちゃんの意識があるとき

体温を確認してください

ワキ、耳の中、お腹などが熱くなっていたら、熱中症のサインです。すぐに涼しい場所へ移動させましょう。落ち着くようなら、水を飲ませてあげてください。

呼吸が荒い、落ち着かない、自力で水が飲めない、元気がないときは、身体を冷やしながら受診してください。保冷材があるときは、ワキ、足の付け根、首には体の太い血管があります。そこを冷やすと体温がさがりやすくなります。

屋外でお風呂など使えないとき

公園などでは、水場があるので噴水や、水道のある所に連れて水をかけます。水場がないときは、持っている水、お茶など手持ちの飲み物をかけて下さい。ジュースしかないときは、それでもかまいません。

やっては、いけないこと

冷蔵庫の冷気にあてる

思わず冷やすと言えば、やってしまいそうです。しかし体全体が十分に冷えません。又、身体が濡れていると、冷やし過ぎの原因になります。

氷や保冷剤を体に直接あてる。

直接あてると、凍傷になる恐れがあります。(特に短毛種)タオルや布で包んでから当ててください

無理やり水を飲ませる

ワンちゃんが、自力で水を飲めないときに、無理やり口に入れて飲ますのは危険です。水が気管に入り、誤嚥性肺炎を起こす原因になります。自力で飲めない状態のときは、無理に飲ませず、すぐに病院に連れていきましょう。

タオルを体にかけたままにしている

身体を冷やすために、濡らしたタオルを乾いてもワンちゃんの体にかけたままにしていては、いけません。体が蒸して暑くなります。乾いてきたら、濡らしてかけるようにしてください。

興奮するのは、熱中症になりやすいといいます。でも、ワンちゃんは、外に出ると興奮してしまいます。嬉しいとはしゃいでしまって、抑えることができません。

我が家のビーグルも、散歩に行くと興奮してしまいます。その後にハアハア息が荒くなるので、最近の散歩は短いです。ワンちゃんの調子を見ながら、時間や場所を決めていくのは大事です。暑いときは、氷を入れた水を飲ましてあげると、体温も下がりやすくなります。氷もバリバリ食べますよ。ただ、あげ過ぎは禁物です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

fumidog

fumidog

投稿者プロフィール

現在、ビーグルとトイプードルを飼っています。
看護師として働いている経験も活かし、ペットの健康に関してや豆知識をお伝えしていきます。

この著者の最新の記事

ピックアップ

  1. 2016-7-22

    生まれつき前足が不自由な犬を救ったのはなんと3Dプリンターだった!

    生まれつき前足に障害があり、自由に走り回る事が出来なかったダービー。 手足が不自由なワンちゃん…
  2. 2016-7-30

    とにかく可愛い、ワンちゃんと赤ちゃんの仲良し動画集

    優しい目で人間の赤ちゃんのことをわが子のように見つめるワンちゃんたちが愛らしい動画をご紹介します。 …

ペットサービス

  1. 2016-7-18

    トリマーとして技術を磨きたい、もっと上手になりたいと思ったら

    実はトリマーの転職理由の一つに「技術向上」を挙げることが多く見られます。 トリマーとしてもっと…
  2. 2016-8-4

    動物看護士になりたいと思った時のよくある疑問、質問

    将来の仕事を決める時、これから転職を考える時、「実際はどうなの?」と気になる事でしょう。 これから…
ページ上部へ戻る