動物病院に欠かせないパートナー動物看護師のお仕事内容

動物病院にとって、動物看護師の存在はなくてはならない大切なものです。
病気になってしまった愛犬を連れ、動物病院へ行ったとき、まず最初に患者の対応をするのは動物看護師です。つまり、動物看護士は病院の看板でもあるのです。患者の対応から動物病院の運営に至るまで、幅広く仕事を請け負う動物看護師の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

患者の対応

まず、患者目線で見る部分の仕事からみてゆきましょう。
病院の受付では、来院した患者から症状を聞き取り、緊急性があると判断した場合には、すぐに獣医師へ引き継ぎます。合わせてカルテの用意、作成や電話応対、会計と受付周りの仕事をこなしてゆきます。

また、動物病院では、毎年フィラリア予防の時期や狂犬病注射の時期になると、来院歴のある患者にダイレクトメールの発送や電話による案内を行うことが多く見られます。これらの準備、実施ももちろん動物看護師の役目です。

病院で使用する薬剤、消耗品、事務用品の補充や購入の手配ももちろん大切な仕事です。診察が日々円滑に進むように、備品の管理は欠かせません。

病院内の仕事

病院の内部での仕事は、診察時の助手があります。患者の中には、獣医師を前に暴れてしまう場合や寝たきりで立ち上がれない場合もあります。獣医師が患部をスムーズに処置できるように動物を落ち着かせ、おさえておくことが看護師の腕にかかっているのです。

また、症状によっては、患部の処置がしやすいように部分的な被毛のカットが必要な場合、薬用シャンプーで洗ってあげる場合、爪切りや耳掃除、患部への消毒、薬剤の塗布、包帯の交換なども行います。この時、学生時代に身に着けたトリミング技術の基礎が役立つのです。

大抵の動物病院では、お昼から午後4時くらいまで長い昼休みが設けられています。この間は本当に休憩をしているわけではありません。実は、この長い休憩の合間に、手術をおこなったり、入院患者の処置をおこなったり、病院によってはトリミングサービスを行っているものなのです。

動物看護師の仕事というものは、動物病院の運営に関わるすべてをカバーするものです。

大抵の動物病院は、獣医師と看護師の数名で運営される場合が多く、仕事の手順も病院それぞれで独自のルールがあるので、就職にあたっては業務に支障のない程度の基礎知識があれば、あとは実務の中で研修、指導をしますという姿勢の場合が多く見られます。

熱意があれば、経験や資格がなくとも採用される可能性もあるので、ぜひ前向きに挑戦してみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

大谷 幸代

大谷 幸代愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアアドバイザー

投稿者プロフィール

「ペットを飼う」生活から、「ペットと暮らす生活」へ
ペットライフをもっと楽しく、もっと笑ってをお手伝いさせていただきます。

この著者の最新の記事

ピックアップ

  1. 2016-9-30

    ドッグランは犬の社交場。マナーを守って楽しくがルールです

    犬達の遊び場、運動不足解消の場として今や当たり前の場になったドッグラン。リードをつけずに、自由に走り…
  2. 2016-7-8

    意外と知らない?犬の「ハウス」の重要性を知っておこう

    犬のしつけと聞くと大抵の飼い主さんは「お座り」「マテ」「フセ」「オテ」が出来ますと得意げに言うもので…

ペットサービス

  1. 2016-7-18

    トリマーとして技術を磨きたい、もっと上手になりたいと思ったら

    実はトリマーの転職理由の一つに「技術向上」を挙げることが多く見られます。 トリマーとしてもっと…
  2. 2016-8-3

    トリマーの「転職」。ベストな転職のタイミングはいつ?

    仕事をしていると、必ず「転職」したいと思うタイミングがあるものです。仕事の給与、勤務時間、人間関係と…
ページ上部へ戻る