生まれつき前足が不自由な犬を救ったのはなんと3Dプリンターだった!

生まれつき前足に障害があり、自由に走り回る事が出来なかったダービー。

手足が不自由なワンちゃんの場合、車輪や車いすを使うのが一般的です。

ダービーの飼い主も始めは車輪を試してみましたが、やはり自由に走りまわるという程まではいきませんでした。

そこで登場したのがなんと3Dプリンター!

ダービーの足の3Dスキャンデータを元に、ピッタリの義足が完成しました。

飼い主と元気に走りまわれるようになったダービーの姿をご覧ください。

Derby the dog: Running on 3D Printed Prosthetics
出典:https://www.youtube.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

tatsuya

tatsuya

投稿者プロフィール

小さな頃から様々なペットと過ごし、現在ペット関係の仕事についています。
お役立ち情報やおもしろ情報をお伝えしていきたいと思います。

この著者の最新の記事

ピックアップ

  1. 2016-7-30

    超へたっぴなキャッチ!でもめげないワンコに笑いが止まらない

    エサをうまくキャッチできないのが、なんだか面白いワンちゃんの動画をご紹介。 とにかく頑張ってエ…
  2. 2016-8-1

    おでこスリスリ…「もう許してよ」と懇願するワンちゃん

    いったいどんな悪さをしたんでしょうか? 大いに反省モード突入のワンちゃんが登場。 「本当にご…

ペットサービス

  1. 2016-7-20

    動物病院で働く動物看護師。どのような勉強をすればいい?

    動物病院で働く動物看護士の仕事は、動物医療の発展、高度化と共に大変注目を集めている仕事です。日本では…
  2. 2016-8-7

    動物介護士として独立開業を目指す場合、必要な準備は?

    動物介護士という仕事は、実際に老犬介護に直面している飼い主宅へ訪問し、介護や日常の世話の代行が主な仕…
ページ上部へ戻る