生まれつき前足が不自由な犬を救ったのはなんと3Dプリンターだった!

生まれつき前足に障害があり、自由に走り回る事が出来なかったダービー。

手足が不自由なワンちゃんの場合、車輪や車いすを使うのが一般的です。

ダービーの飼い主も始めは車輪を試してみましたが、やはり自由に走りまわるという程まではいきませんでした。

そこで登場したのがなんと3Dプリンター!

ダービーの足の3Dスキャンデータを元に、ピッタリの義足が完成しました。

飼い主と元気に走りまわれるようになったダービーの姿をご覧ください。

Derby the dog: Running on 3D Printed Prosthetics
出典:https://www.youtube.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

tatsuya

tatsuya

投稿者プロフィール

小さな頃から様々なペットと過ごし、現在ペット関係の仕事についています。
お役立ち情報やおもしろ情報をお伝えしていきたいと思います。

この著者の最新の記事

ピックアップ

  1. 2016-8-1

    おでこスリスリ…「もう許してよ」と懇願するワンちゃん

    いったいどんな悪さをしたんでしょうか? 大いに反省モード突入のワンちゃんが登場。 「本当にご…
  2. 2016-8-30

    猫にしつけは不要ではありません。トイレのしつけはしっかりと。

    最近では、犬よりも猫の飼育頭数の方が増えているという統計データが発表され大変話題になりました。 以…

ペットサービス

  1. 2016-8-3

    トリマーの「転職」。ベストな転職のタイミングはいつ?

    仕事をしていると、必ず「転職」したいと思うタイミングがあるものです。仕事の給与、勤務時間、人間関係と…
  2. 2016-7-18

    トリマーの資格を取りたい!進路は?方法は?プロトリマーへの道

    動物が好き、美容の仕事に就きたい、手に職をつけたい、トリマーを目指す志望動機は本当に様々です。中には…
ページ上部へ戻る