ネコのヒゲの働きとは?カットしても大丈夫?

今やネコちゃんは大人気です。その猫のヒゲが大切というのは結構知られています。しかし、具体的にヒゲの本数、働きというと知らない人が多いですよね。猫のひげは口以外にもあるのです。その役割もいろいととあって、猫はヒゲのおかげで俊敏な動きができているのです。そのヒゲの働きを今から説明します。

猫のヒゲの本数と場所

口周りにあるのが猫のヒゲだと思っていませんか?実は猫のひげは、口の左右、両頬、両目の上、足の計4カ所あります。左右12本両頬合わせて50〜60本あるといいます。目の上はまつ毛でも眉毛でもなくヒゲなのです。

前足の後ろ側に伸びているのもヒゲなのです。猫のヒゲの根元は液が入った袋状になっていて、その袋にヒゲが浮いている状態になっています。これは、微妙な空気の流れや振動をキャッチするためだといいます。顔にあるヒゲの先端を、つないでいくと丸い円になることに気づいていましたか?この円が猫にとって重要なのです。

ヒゲで幅がわかる?

猫のヒゲの先をつなげると丸になります。そのヒゲの丸に物がぶつからなければ、身体が通ると判断しています。結構狭い処でも入っているのは、ヒゲで幅を確認して入っているからです。

空気の流れを感じ取る

猫は近くの物が良く見えません。そのため、ヒゲが物を認識して食べ物の臭いの方向を感じています。障害物はヒゲで風の微妙な流れの違いを察知して避けています。そのため、暗がりでも物を避けることができているのです。ジャンプをする前も風向きと流れをヒゲで感じ、確認して跳んでいるのです。

ヒゲは目も守っている

ヒゲと瞼はつながっていて、ヒゲに何かが当たると目を閉じるようになっています。ヒゲは目も守っているのです。

ヒゲを切ったらどうなるの?

猫のヒゲにはいろいろな重要な役割があります。なので、イヌと違って絶対に切ってはいけません。猫のヒゲを切ってしまうと物にぶつかったり、うまくご飯が食べられなかったり、動けなくなってしまうかもしれません。昔から「ひげを切ると、ねこはネズミを捕らなくなる」と言われています。くれぐれも切らないようにしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

fumidog

fumidog

投稿者プロフィール

現在、ビーグルとトイプードルを飼っています。
看護師として働いている経験も活かし、ペットの健康に関してや豆知識をお伝えしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る