猫の爪とぎで家がボロボロ。そうなる前にルール決めを

猫を飼っているご家庭のお悩みに「爪とぎ」があります。カーテン、ふすま、柱、絨毯と気が付けばいたるところにというご家庭も。多頭飼いの場合、それぞれが思い想いの場所で爪をとぐので対処に困るものです。
これから猫を飼いたいと思っている場合でも、家が爪とぎでボロボロになってしまうのではと思うと、猫を飼う事を躊躇してしまうでしょう。

実は、あまり知られていないことですが、猫の知能は犬と同等程度に高いのです。
猫は犬のように人間に寄り添い、常に指示を待つという性格ではないので、しつけが出来ない動物、ルールを覚える事が出来ない、苦手だと思われがちですが、そうではないのです。
猫は、自分が従いたくない、面倒だと思ったルールを、まるで理解できていないかのようにふるまっているだけなのです。

爪とぎは猫の習性を利用します

爪とぎの習性は、とても単純で、猫は子猫の時に初めて爪とぎを覚えた材質で一生爪を研ぐと言われています。
例えば、ペットショップの場合、爪とぎは店頭商品の宣伝もかねて、市販されている製品を子猫のショーケースの中に入れている事が多く見られます。大抵の場合、素材は段ボールです。この材質で爪を研ぐ事を覚えた猫を購入した場合、家庭に迎え入れてからも、同様の材質を見つけては爪を研ぎます。家庭内では、段ボールはもちろん、ふすまや障子などがその代用にもなるでしょう。

子猫の場合

子猫をペットショップやブリーダーから購入する場合、どのような材質の爪とぎを使用しているかを確認するとよいでしょう。子猫自身がまだ爪とぎを覚えていないうちは、親猫が愛用している材質でも参考になります。
自宅では、ケージの中に、同じ材質の爪とぎを設置し、常に爪を研げる環境を作ってあげましょう。
好奇心から、カーテンや柱などで爪を研いだり、噛みついたりという事もあるでしょう。この場合の対処は、空き缶にビー玉などを入れ、ガシャガシャと大きな音のするものを作っておきます。猫が好ましくない場所で爪とぎを始めた時にはすぐにその音を鳴らし、驚かせます。この時、飼い主が音のする物をもっている事が猫にばれないように、テーブルの下や背中側に隠して鳴らしましょう。

このような方法で、好ましくない場所で爪を研ごうとしたり、噛みつこうとすると、原因のわからない不快な音がするという事を猫が覚える事で、次第に爪とぎの問題解決につながってゆきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintopetをフォローしよう!

大谷 幸代

大谷 幸代愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアアドバイザー

投稿者プロフィール

「ペットを飼う」生活から、「ペットと暮らす生活」へ
ペットライフをもっと楽しく、もっと笑ってをお手伝いさせていただきます。

この著者の最新の記事

ピックアップ

  1. 2016-7-25

    トリマーの職業病「腰痛」「腱鞘炎」あきらめずに仕事を続けるには?

    トリマーという仕事は、「動物と一緒にいられる」「カットが楽しい」などのメリットもたくさんある仕事です…
  2. 2016-7-19

    犬の髭の役割は?カットしても大丈夫なの??

    猫はひげが重要な役目をはたしているのは、知られています。ワンちゃんはどうなのでしょうか?カットしても…

ペットサービス

  1. 2016-8-9

    トリマーは犬を飼うべき?それとも飼わなくてもプロになれる?

    これからトリマーの資格取得を目指したい、トリマーの専門学校へ進学したい、就職を期にトリマーとして一人…
  2. 2016-8-5

    動物介護士の仕事の仕方、就職先とは?

    動物介護士に関する資格制度が確立されたり、専門学校のカリキュラムに組み込まれたりと動物介護士という仕…
ページ上部へ戻る