Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/intopet/intopet.jp/public_html/im/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

カテゴリー:未分類

  • 旅行や出張だけじゃない?ペットシッターの活用方法

    ペットホテルに預ける程ではない事も、飼い主さんに代わってペットのお世話を専門とするペットシッターなら頼みやすいことも沢山あります。特に忙しい時や、体の自由がきかないときは自宅まで来てもらえるのでとても便利です。 日…
  • 猫が痙攣を起こしたらどうする?対処法と考えられる病気

    猫が目の前で痙攣を起こしたら…驚いてパニックになってしまうことがよくあります。ある日突然、何の予兆もなく起こるなんて、びっくりしても無理はありません。 では痙攣はなぜ起きるのでしょうか。また、どんな病気が考えられる…
  • “ペットのお世話します、預かります!”無資格・無認可にご注意を!

    インターネットを介して、個人同士が繋がって、自宅の空き部屋を宿泊先として提供したり、スポーツや勉強のお手伝いができるなどとても便利になりました。 スマートフォンなどのアプリから近くに居る人を手軽に探せるため、サービ…
  • 何度も何度もトイレに行く・・・猫の膀胱炎のおはなし

    おしっこがいつもに比べて赤い、何度もトイレに行っている・・・それは膀胱炎かもしれません。膀胱炎になると残尿感で膀胱がしくしく痛み、時には痛がって鳴いたり、お腹を触られるのを嫌がることもあります。 膀胱炎とは? 尿…
  • ペットシッター依頼時も安心。普段から心がけたいペットの居場所づくりの工夫

    初めてペットシッターを利用するときは、誰でもペットや留守の家の状況が心配になるものですね。そんな心の負担が軽くなる準備のポイントをご紹介いたします。 普段からペットを留守番させる時は、ペットの行動範囲を決めておく …
  • 目の中が白く濁っている―犬の白内障―

    白内障とは眼の中のレンズの役割をしている水晶体が白く濁ってくることで起こります。 進行するにつれて視力が落ちていきますが、犬は人ほど視力に頼って生活していないため、かなり進行するまで気が付かないこともあります。 …
  • 目は健康のバロメーター~猫の目の病気~

    人間で涙や目ヤニなどの症状があると、まずは目の疾患を疑います。もちろん猫もそうなのですが、猫の場合、猫風邪を始め、体調を崩すと目に症状が現れることが多く、目だけと思っていたら全身疾患が関わっている事があるため注意が必要で…
  • お留守番のイタズラ軽減にお散歩代行が効果的なワケ

    愛犬を留守番させて、帰宅したらクッションやぬいぐるみが食いちぎられて綿が舞っていたり、新聞やカーテン、トイレシーツがビリビリに破られ無残な室内になっていることはありませんか?留守をするたびに家の中が荒れ放題なんて悲しいで…
  • 激しい嘔吐が止まらない!犬にも起こる膵炎

    膵炎・・・と聞くと皆さんは何を思い浮かべますか?人ではお酒をたくさん飲む方に多いとう印象を抱かれる方が多いのではないでしょうか。 そんな膵炎ですが、お酒を飲まない犬にも発症します。では、膵炎とはいったいどんな病気なので…
  • 猫の鼻がぐずぐず…これって猫風邪?

    拾ってきた猫がくしゃみと鼻水がひどくて病院へ連れて行くと、「あ~猫風邪ですね」なんて言われたことがあるかもしれません。人間でいう風邪みたいもの?猫風邪とはどんな病気なのでしょうか? そもそも風邪って? 人間では体…

ピックアップ

  1. 2016-7-31

    果てしない戦い。猫VS猫!必殺猫パンチ!

    延々と猫ちゃんと猫ちゃんが猫パンチを繰り返すだけの動画をご紹介します。 全く飽きることなく、猫…
  2. 2016-7-16

    イタズラがバレたワンちゃんたち。可哀想なほどの落ち込みように注目

    ドアを開けた瞬間、すでにスタンバイしている二匹のワンちゃん。 ラブちゃんとビーグルちゃん、どうやら…

ペットサービス

  1. 2016-7-22

    動物病院に欠かせないパートナー動物看護師のお仕事内容

    動物病院にとって、動物看護師の存在はなくてはならない大切なものです。 病気になってしまった愛犬を連…
  2. 2016-7-18

    トリマーとして技術を磨きたい、もっと上手になりたいと思ったら

    実はトリマーの転職理由の一つに「技術向上」を挙げることが多く見られます。 トリマーとしてもっと…
ページ上部へ戻る